メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「鉄人」衣笠祥雄さん死去 広島で活躍 71歳
わかまち

和歌山経済新聞 和歌山・宮脇書店 マジックや音楽、絵本を楽しむ 開店15周年、15日にイベント /和歌山

「おはなし会」を行っている児童書コーナーでイベントの参加を呼び掛ける宮脇書店和歌山店社長の西田聡さん=和歌山市広瀬中ノ丁で

 「宮脇書店和歌山店」(和歌山市広瀬中ノ丁、電話073・422・2151)の開店15周年記念イベント「マジックと音楽と絵本のコンサート」が、15日午後3時から開催される。無料。

     同店は、児童書コーナーにカーペットを敷き、ソファーを設置し、子どもたちが靴を脱いで寝そべったり、座ったりできる。絵本に出てくるキャラクターグッズも販売するほか、毎月第3日曜には絵本の読み聞かせをする「おはなし会」を開催する。

     社長の西田聡さんは「児童書は飛ぶように売れるわけではないが重視している。言葉をたくさん知ることで豊かな表現力が身に付く。大人にとっても、児童書を手に取って子ども時代の記憶がよみがえったり、幼い時に読んでもらった本と再会したりと心温まる瞬間がある」と話す。

     おはなし会は、幼稚園の恩師から「男性が絵本を読み聞かせする機会は少ないからやってみたら」と勧められて始めた。「最初の半年ぐらいは大変だったが、今では根づいて毎月約20人前後の子どもたちが来てくれる」と笑顔を見せる。

     15日は、ミュージシャン兼マジシャンで絵本「ねこのピート」シリーズや児童書「えがないえほん」などの翻訳も手がける大友剛さんをゲストに迎え、マジックと音楽のショーや絵本朗読のほか、サイン会も行う。

     西田さんは「イベントや和歌山市内無料配達など、地元だからこそできることを継続していきたい」と意気込む。(和歌山経済新聞・中井文美)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 衣笠祥雄さん71歳=元広島の「鉄人」、国民栄誉賞
    2. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
    3. はしか感染 愛知で相次ぎ確認
    4. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
    5. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]