メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

島根地震

大田・震度5強 職員が危険度判定 断水続く70戸 一時、323戸も /島根

宅地のコンクリート地面で隆起した高さを測る判定士=島根県大田市久手町波根西で、柴崎達矢撮影

 9日未明に震度5強の地震に見舞われた大田市で11日、傷んだ建築物や宅地の危険度判定が始まった。島根・鳥取両県と松江市から派遣された計20人の職員が判定士として危険度を測って回った。【柴崎達矢】

 判定士は建築物担当が10人、宅地担当が10人。建物の傾きやひび割れ、屋根の変形の程度、宅地の隆起の高さなどを調べた。測定後は、危険度に応じて「大」は赤色、「中」は黄色、「小」は建築物が緑色、宅地は青色の紙を貼り、注意喚起…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです