メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国見聞録

瀬戸内うどんカンパニー 香川県三豊市 レストランバス快走、人気上々 四国初、2階建て /四国

瀬戸内海の景観を眺めながら食事を楽しむ乗客ら=香川県三豊市で、山中尚登撮影

地域の食材生かし 魅力ある商品の開発、販路開拓へ

 香川県三豊市にある地域商社「瀬戸内うどんカンパニー」が本格的に始動を始めた。「瀬戸内のうどん文化」をキーワードに、民間企業出身の代表取締役を昨年公募。高知県出身で、東京で地域産品のプロデュース会社を経営していた北川智博さん(32)が昨年9月に就任した。先月末には観光ツーリズム事業の一つとして、四国で初めてレストランバスを三豊市で運行、好評を得ている。【山中尚登】

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文845文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  4. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に
  5. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]