メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国見聞録

瀬戸内うどんカンパニー 香川県三豊市 レストランバス快走、人気上々 四国初、2階建て /四国

瀬戸内海の景観を眺めながら食事を楽しむ乗客ら=香川県三豊市で、山中尚登撮影

地域の食材生かし 魅力ある商品の開発、販路開拓へ

 香川県三豊市にある地域商社「瀬戸内うどんカンパニー」が本格的に始動を始めた。「瀬戸内のうどん文化」をキーワードに、民間企業出身の代表取締役を昨年公募。高知県出身で、東京で地域産品のプロデュース会社を経営していた北川智博さん(32)が昨年9月に就任した。先月末には観光ツーリズム事業の一つとして、四国で初めてレストランバスを三豊市で運行、好評を得ている。【山中尚登】

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文845文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  2. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  3. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  4. AV問題 男優が毎月お茶会で語る「業界のありのまま」
  5. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです