メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国見聞録

瀬戸内うどんカンパニー 香川県三豊市 レストランバス快走、人気上々 四国初、2階建て /四国

瀬戸内海の景観を眺めながら食事を楽しむ乗客ら=香川県三豊市で、山中尚登撮影

地域の食材生かし 魅力ある商品の開発、販路開拓へ

 香川県三豊市にある地域商社「瀬戸内うどんカンパニー」が本格的に始動を始めた。「瀬戸内のうどん文化」をキーワードに、民間企業出身の代表取締役を昨年公募。高知県出身で、東京で地域産品のプロデュース会社を経営していた北川智博さん(32)が昨年9月に就任した。先月末には観光ツーリズム事業の一つとして、四国で初めてレストランバスを三豊市で運行、好評を得ている。【山中尚登】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  5. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです