メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対シリア 英仏と有志連合模索 ロシア包囲網

 【ワシントン高本耕太、パリ賀有勇、ロンドン矢野純一】シリアで7日に起きた化学兵器使用疑惑で、米国は、使用したとにらむアサド政権に対して、英仏との合同作戦による軍事行動を視野に有志国連合の形成を急いでいる。英仏との連携により、アサド政権の後ろ盾となっているロシアへの包囲網を強める狙いもあるとみられる。

 トランプ米大統領は11日朝(日本時間同日夜)、自身のツイッターに「準備しろ、ロシア。ミサイルは(シ…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文714文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 花咲徳栄、猛攻圧勝 昌平と本庄東、4回戦へ /埼玉
  4. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  5. プラスチック危機 つながる海、牙むくゴミ(その1) クジラの体内から29キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]