メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対シリア 英仏と有志連合模索 ロシア包囲網

 【ワシントン高本耕太、パリ賀有勇、ロンドン矢野純一】シリアで7日に起きた化学兵器使用疑惑で、米国は、使用したとにらむアサド政権に対して、英仏との合同作戦による軍事行動を視野に有志国連合の形成を急いでいる。英仏との連携により、アサド政権の後ろ盾となっているロシアへの包囲網を強める狙いもあるとみられる。

 トランプ米大統領は11日朝(日本時間同日夜)、自身のツイッターに「準備しろ、ロシア。ミサイルは(シリアに)飛んでくる。新しくて高性能のものだ」と投稿し、攻撃開始が近いことを示唆した。

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです