メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対シリア 英仏と有志連合模索 ロシア包囲網

 【ワシントン高本耕太、パリ賀有勇、ロンドン矢野純一】シリアで7日に起きた化学兵器使用疑惑で、米国は、使用したとにらむアサド政権に対して、英仏との合同作戦による軍事行動を視野に有志国連合の形成を急いでいる。英仏との連携により、アサド政権の後ろ盾となっているロシアへの包囲網を強める狙いもあるとみられる。

 トランプ米大統領は11日朝(日本時間同日夜)、自身のツイッターに「準備しろ、ロシア。ミサイルは(シ…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文714文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. バルーンフェスタ概要発表 カラフル気球、123機参加 第40回記念大会 来月31日~11月4日 /佐賀

  4. しまなみ海道サイクル道で画びょうばらまき、自転車31台パンク 愛媛・今治

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです