メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「監督業をしていれば、何の苦労もなく日々を過ごすのは不可能だ…

 「監督業をしていれば、何の苦労もなく日々を過ごすのは不可能だ。喜びに舞い上がることもあれば、恐ろしく落ち込むこともある。サッカーへの愛を失うことなく失望に対処する方法を身につけねばならない」▲名古屋グランパス監督も務め、英プレミアリーグのアーセナルを率いるA・ベンゲル監督は数々の名言で知られる知将である。過去に日本代表の監督候補にもなった彼に「代表監督はマゾヒストでなければ務まらない」の一言がある▲日本代表を率いた岡田武史(おかだ・たけし)氏が初めて監督を引き受けたワールドカップ(W杯)最終予選で「負けたら日本にいられなくなる」と夫人に電話した話も有名だ。W杯ロシア大会まで2カ月という今、その日本代表監督の電撃交代である▲日本代表をロシアへ導いたV・ハリルホジッチ監督だが、最近の戦いぶりに首をかしげる向きも多かったのは確かだ。日本協会は選手との信頼関係が薄れたと解任に踏み切ったが、「この期(ご)に及んで」と驚きが広がるのは当然である▲後任選びの選択肢が多いはずはなく、ドタバタ劇の責任も大きい協会の強化責任者である西野朗(にしの・あきら)氏が新監督にきょう正式就任する。「覚悟、スピリットは持っている」との言や良しだが、いきなり本番という重圧はいかばかりだろう▲代表監督はマゾヒストでなければ務まらないのがよく分かった交代劇だ。釈然とせぬものも残るが、どうあれW杯大会は始まる。ベンゲル氏は言っている--「結果は重要なのでない、結果がすべてなのだ」。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
    2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
    3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
    4. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同
    5. 特集ワイド 「ツイッターの妖精引退」宣言した女優、春名風花さん 現実世界に居場所、必ずある

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです