メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

ソフトかシャープか=坂東賢治

 <moku-go>

 外国語を漢字に訳さざるを得ないのがカナのない中国語の宿命だが、日本人にもわかりやすい訳がある。

 例えば「軟実力」はどうだろう。米ハーバード大のジョセフ・ナイ教授が提唱したソフトパワーの訳だ。文化や価値観で国際社会への影響力を発揮することを意味する。

 軍事力や経済力などによる影響力を示すハードパワーは「硬実力」だ。最近、ソフトでもハードでもない国家の影響力を示す概念として「鋭実力」という新語が加わった。

 昨年末、米誌「フォーリン・アフェアーズ」に掲載された論文で、全米民主主義基金(NED)の幹部が提唱…

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです