メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

放送法「政治的公平」撤廃案 市民が注視し、声上げよ=武田徹

 政府の諮問機関の規制改革推進会議が“通信と放送の融合”を進める一環として「政治的公平」「事実をまげない」などを放送事業者に求めている放送法4条の撤廃を検討している。そう報じられて議論を呼んでいる。

 確かに米国は放送に公正さを求める「フェアネス・ドクトリン」をいち早く廃していた。日本でも規制緩和が市場を活性化すると説明されている。

 これに対して放送界は強く反発。と、聞くと耳を疑う人もいそうだ。たとえば2016年2月に高市早苗総務…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1073文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  2. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ
  3. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです