メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

内戦終結遠く 露とイラン反発 米が報復姿勢

 【カイロ篠田航一、モスクワ大前仁】内戦が続くシリアの首都ダマスカス近郊・東グータ地区ドゥーマで7日に起きた化学兵器使用疑惑を受け、トランプ米政権はアサド政権への報復攻撃の準備を進めている。アサド政権を支えるロシアやイランは反発しており、仮に米国が攻撃に踏み切った場合、内戦終結に向けた国際社会の和平仲介の試みはさらに遠のく可能性があり、混迷は一層深まりそうだ。

 「犯罪がこのまま放置されることはない」。イラン最高指導者ハメネイ師の最高顧問ベラヤティ氏は10日、こう怒りを表明した。「犯罪」とは化学兵器使用ではなく、シリア中部ホムス県でアサド政権軍兵士やイラン人の軍事顧問ら14人が死亡したイスラエル軍機によるとみられる9日の攻撃を指す。シリアを舞台にした米露対立に伴い、最近はそれぞれの同盟国であるイスラエルとイランの対立も深刻化。仮に米国がシリアを攻撃し、イ…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 欅坂46、5年の活動に幕 “再改名” で再出発「相当な茨の道が待っていると思います」

  2. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  3. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  4. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

  5. 大阪の30代、高知県でコロナ感染確認 一時連絡取れず、入院手続き始める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです