メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

内戦終結遠く 露とイラン反発 米が報復姿勢

 【カイロ篠田航一、モスクワ大前仁】内戦が続くシリアの首都ダマスカス近郊・東グータ地区ドゥーマで7日に起きた化学兵器使用疑惑を受け、トランプ米政権はアサド政権への報復攻撃の準備を進めている。アサド政権を支えるロシアやイランは反発しており、仮に米国が攻撃に踏み切った場合、内戦終結に向けた国際社会の和平仲介の試みはさらに遠のく可能性があり、混迷は一層深まりそうだ。

 「犯罪がこのまま放置されることはない」。イラン最高指導者ハメネイ師の最高顧問ベラヤティ氏は10日、…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文801文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 停電続く千葉・館山と南房総市に大雨で避難勧告

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです