コンビニ

2月期決算 人手不足響く ローソン減益 海外事業に活路

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 スーパーやコンビニエンスストアなどを展開する流通・小売り大手4社の2018年2月期連結決算が11日、出そろった。4社ともコンビニの人手不足への対応費用がのしかかり、ローソンは15年ぶりに減益となった。イオンとセブン&アイ・ホールディングス(HD)、ユニー・ファミリーマートHDは好調な海外事業などで増益を確保した。【今村茜、藤渕志保】

 「人手不足の中で加盟店オーナーの確保が厳しいものになっている」。ローソンの竹増貞信社長は11日の記者会見で語った。

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1156文字)

あわせて読みたい

注目の特集