メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 東電旧経営陣公判 「先送り」後も対策提案 津波試算の社員

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第6回公判が11日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。事故前に想定津波の試算を担当していた男性社員が10日に続いて出廷し、元副社長の武藤栄被告(67)が2008年に津波対策を「先送り」する方針を示した後も、対策会議の設置を提案したと語った。

 東電は08年3月、国の地震調査研究推進本部が02年に「福島沖を含む日本海溝沿いで巨大津波が発生しう…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  4. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです