メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/248 第7章 9=高村薫 田中和枝・挿画監修

 忍は、雇用主からの一方的な解雇通告は法令違反であるとか、労基署に駆け込むといった発想は持ちようもなかったが、かといっておとなしく頭を垂れたわけでもない。会社をあとにするとき、休憩室のロッカーを二つ三つ、同僚の私物のバットでボコボコにし、ついでにガラスも叩(たた)き割って、数分後には自分が解雇されたという事実も自分が放った最後っ屁(ぺ)も、明確なかたちを失っている。その一方、今度仕事を失ったら神経がもたないと思っていたのに、実際にクビになってみるとそうでもないことに拍子抜けもした。こんなに簡単なことなら、びくびくして身の丈に合わない苦役に耐える必要はなかったということだ。先日、勤め先に言わないでくれと警察に懇願する必要もなかったということだ。しかも見ろ、なんだか身軽になったように感じるし、コンサータが効いているのに妙に頭が回転していて、飛び跳ねたいほどだ--。

 そんな躁(そう)状態の身体のまま忍は足の向くまま電車に乗る。IC乗車券のおかげでいちいち行き先を決…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文963文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  2. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
  3. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  4. クローズアップ2018 毎日新聞世論調査 内閣支持率、続落30% 「危険水域」寸前 麻生氏処遇、難局に
  5. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]