連載

幻の科学技術立国

「科学技術創造立国」を目指してきた日本は、中国など新興国が急速に台頭してくる中で存在感を失いつつあります。現場を歩きながら衰退の原因を探り、再生の道を考えます。

連載一覧

幻の科学技術立国

第1部 「改革」の果てに/2 資金も人も減らされて あえぐ地方大学 不足分は自腹で補い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
貝や泥に付着した油を分析する宇野誠一・鹿児島大准教授。故障していた分析装置を20万円かけて修理した=鹿児島市で2018年3月23日、阿部周一撮影
貝や泥に付着した油を分析する宇野誠一・鹿児島大准教授。故障していた分析装置を20万円かけて修理した=鹿児島市で2018年3月23日、阿部周一撮影

 <科学の森>

 白い砂浜に無数の黒い小さな粒が散らばる。2月3日、鹿児島県・奄美大島の海岸を丹念に観察していた鹿児島大水産学部の西隆一郎教授(56)=海岸環境工学=の目に留まったのは、約1カ月前に東シナ海で沈没したイランのタンカーから漏れ出し、漂着した油だった。

 「このままでは日本の漁業は全滅する」「なぜ情報が出てこないんだ」--。インターネット上では事故直後から心配やいら立ちの声があふれていた。地元の専門家として、いち早く調査に駆けつけたかったが、研究室の教員は西さんただ一人。講義や学内の会議を代わってもらえるあてはなく、もどかしさが募った。

 ようやく実現した日帰りの現地調査だったが、年度末が近づき研究室の予算は枯渇寸前だった。島への航空券代は何とか工面できたが、レンタカーとガソリンの代金は自腹になった。再調査に訪れた同6~7日は大学の規定で「休日」扱いとなり、宿泊費も自分で支払った。

この記事は有料記事です。

残り2655文字(全文3054文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集