連載

FOCUS2018

「FOCUS」では、さまざまな競技のタイムリーな話題に焦点を当てます。

連載一覧

FOCUS2018

大相撲 「女人禁制」の波紋 救命措置中「女性は土俵下りて」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大相撲の土俵に女性を上げてはならないとする、「女人禁制」の議論が再燃している。4日に京都府舞鶴市であった春巡業で多々見良三市長が土俵上で倒れ、救命措置をした複数の女性に若手行司が場内アナウンスで土俵から下りるよう求めたのがきっかけ。日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は不適切な対応だったことを認めてすぐに謝罪したが、その後も巡業地の市長が“伝統”の見直しを求めるなど波紋が広がっている。【飯山太郎】

この記事は有料記事です。

残り1542文字(全文1746文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集