メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京六大学野球

春季リーグ 慶大2年が軸 V争い混戦へ

 東京六大学野球の春季リーグ戦が14日、神宮球場で開幕する。優勝争いは混戦が予想される。

 2季連続優勝を目指す慶大は、昨秋防御率1位の佐藤(大館鳳鳴)と関根(城東)の左右の2年生が軸。強打者・岩見(楽天)が抜けた穴を埋められるか。明大は打線に渡辺佳(4年・横浜)、逢沢(4年・関西)の主軸が残り、投手…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文301文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. 大相撲名古屋場所 御嶽海が初優勝 日本出身8場所ぶり
  5. 茨城女性遺棄 遺体は容疑者の妻 殺人容疑でも捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]