メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京六大学野球

春季リーグ 慶大2年が軸 V争い混戦へ

 東京六大学野球の春季リーグ戦が14日、神宮球場で開幕する。優勝争いは混戦が予想される。

 2季連続優勝を目指す慶大は、昨秋防御率1位の佐藤(大館鳳鳴)と関根(城東)の左右の2年生が軸。強打者・岩見(楽天)が抜けた穴を埋められるか。明大は打線に渡辺佳(4年・横浜)、逢沢(4年・関西)の主軸が残り、投手…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文301文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  4. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです