メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男の気持ち

涙 福岡市博多区・中嶋正信(85歳)

 最近、ドラマを見ていたり、歌を聴いたりしていて、涙ぐむというか、涙することが多くなったように思う。やはり年を取り、涙腺が緩くなったのか。

 いつも思い出すと、涙してしまう人がいる。一人は越路吹雪の「ろくでなし」を歌う。彼の声は実に良い。もう一人の彼の愛唱歌は五木ひろしの「千曲川」だ。彼のしんみりした歌は本当にうまい。ほれぼれする。

 これらの歌詞が流れてくると2人の顔が浮かび、涙目になってしまう。なぜって? この世にいなくて、黄泉…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文592文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川
  2. 薬の費用対効果 1年延命、いくら支払うか 厚労省調査へ
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 国民民主 「第1党」困難 希望から最大47人 衆院野党
  5. 立憲民主 枝野代表、民進議員を批判「与党みたいな質問」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]