メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男の気持ち

涙 福岡市博多区・中嶋正信(85歳)

 最近、ドラマを見ていたり、歌を聴いたりしていて、涙ぐむというか、涙することが多くなったように思う。やはり年を取り、涙腺が緩くなったのか。

 いつも思い出すと、涙してしまう人がいる。一人は越路吹雪の「ろくでなし」を歌う。彼の声は実に良い。もう一人の彼の愛唱歌は五木ひろしの「千曲川」だ。彼のしんみりした歌は本当にうまい。ほれぼれする。

 これらの歌詞が流れてくると2人の顔が浮かび、涙目になってしまう。なぜって? この世にいなくて、黄泉…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文592文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 マスコミの政治報道 迫り来る?うっすらとした恐怖
  3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  5. いのちのほとりで /4 ひとり暮らしの突然死 特殊清掃の現場を訪ねた

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]