メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

関連死、不認定365件 審査の63%、自治体間ばらつき

 熊本地震(2016年4月)の震災関連死の認定申請が3月末現在で熊本・大分両県で650件に上り、認定・不認定の審査が終わった577件中、63%に当たる365件が不認定だったことが、毎日新聞の取材で分かった。10件以上の審査を終えた自治体のうち、認定率の最高は熊本県阿蘇市の60・6%で、最低は同県嘉島町の14・3%と、自治体によってばらつきが出た。震災関連死を巡る認定申請や状況など全体像が分かったのは初めて。

 震災関連死と認定されたのは、熊本県209人、大分県3人の計212人で、73件は手続き中だ。

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです