メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トイザラス

アジア事業売却へ 日本含め1000億円超

  昨年9月に経営破綻した米玩具販売大手トイザラスが、日本を含むアジア事業の株式売却に向けて複数の相手先と交渉していることが12日、分かった。日本トイザらス(川崎市)が明らかにした。売却が実現すれば日本事業の継続が確実になるとみられる。ロイター通信によると、売却額は10億ドル(約1000億円)を超える見通し。

     売却対象は、アジア地域を管轄する会社の株式のうち、米トイザラスが持つ85%分。既に入札を始め、複数の応札があったという。約160店を展開する日本トイザらスの広報担当者は交渉の詳細は把握していないとした上で「今後も通常通り営業する」と説明した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
    2. 埼玉・宮沢湖畔 「ムーミン」テーマパーク、来年3月開業
    3. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
    4. 米山知事 進退判断の経緯判明 支援政党離れ「辞めます」
    5. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]