メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

じじい部隊

留守預かり6年目の春 福島・大熊

5年間手入れを続け、今年も咲いた桜を見上げるじじい部隊のメンバー=福島県大熊町大川原の坂下ダムで、乾達撮影

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県大熊町の大川原地区で、2013年4月から町民の留守を預かる形で駐在を続けてきた60代男性6人の活動が6回目の春を迎えた。人呼んで「じじい部隊」。来春には同地区に町役場が再開し町民の帰還も始まる見込みで、6人の仕事はこの1年が最後。手入れをしてきた桜約500本が咲き誇るなかで「みなに『おかえり』と言える環境を整えたい」と総仕上げを誓う。【乾達】

 町の臨時職員として先頭を切って町内に戻ったじじい部隊は、大川原地区にある坂下ダムの管理事務所を拠点…

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1056文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 衆院沖縄3区補選 屋良氏の初当選が確実 辺野古移設「反対」民意示す
  4. イオン春日部 新装オープン /埼玉
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです