メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

封じ手は3八歩 第1局2日目

名人戦七番勝負第1局で森雞二九段(右端)が封じ手を読み上げ、着手に入る佐藤天彦名人(左端)=東京都文京区のホテル椿山荘東京で2018年4月12日午前8時59分、丸山進撮影

 佐藤天彦(あまひこ)名人(30)に羽生善治竜王(47)が挑戦する第76期名人戦七番勝負第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)は12日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で2日目の対局が始まった。

 記録の高橋佑二郎二段の読み上げで、両者が前日の手順を再現した後、立会の森雞二九段が読み上げた佐藤の封じ手は3八歩だ…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  3. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  4. 安倍前首相公設第1秘書ら聴取 「桜を見る会」前夜祭差額補塡か 東京地検

  5. #生きるのがつらいあなたへ フリーアナ時代にストーカー被害、ネット中傷…自分の「葬式」出した僧侶・高橋美清さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです