メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟大学

「日本酒学」学生に大人気 履修者は抽選に

日本酒学についての説明を聞く学生=新潟市西区で、南茂芽育撮影

 新潟大学は11日、日本酒の製造方法や歴史、身体への影響などを総合的に学ぶ「日本酒学」の第1回講義を、新潟市西区の五十嵐キャンパスで開いた。日本酒に関心がある約600人が詰めかけ、講義室は立ち見の学生であふれかえった。

 講義は原則週1回。新潟大によると、定員300人の同講義に820人が応募しており、12日に抽選で履修者を決める。

 この日は県酒造組合の会長も務める緑川酒造(同県魚沼市)の大平俊治社長が登壇。蔵人(くらびと)を「暴…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです