メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書店

土日だけ営業 旅・食・心の本並べ1年 三重・伊勢

「本と人をつなげる。本屋であることの面白さです」と店主の加藤優さん(右)=三重県伊勢市本町の「本屋 散策舎」で、尾崎稔裕撮影

 1週間で計10時間しか開店しない三重県伊勢市本町の書店「本屋 散策舎」が今月末で開店1周年を迎える。旅・食・心の三つのテーマで店主が選んだ書籍1000冊が約30平方メートルの店内に並ぶ。営業時間は土曜と日曜の正午から午後5時まで。宣伝はしておらず、来店者が10人以下という日もあるが、常連客が集うこだわりの空間だ。【尾崎稔裕】

 伊勢神宮外宮北の県道交差点の近くに店はある。1970年代の建設で昭和レトロな鉄筋コンクリート造り3…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文820文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  5. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです