メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書店

土日だけ営業 旅・食・心の本並べ1年 三重・伊勢

「本と人をつなげる。本屋であることの面白さです」と店主の加藤優さん(右)=三重県伊勢市本町の「本屋 散策舎」で、尾崎稔裕撮影

 1週間で計10時間しか開店しない三重県伊勢市本町の書店「本屋 散策舎」が今月末で開店1周年を迎える。旅・食・心の三つのテーマで店主が選んだ書籍1000冊が約30平方メートルの店内に並ぶ。営業時間は土曜と日曜の正午から午後5時まで。宣伝はしておらず、来店者が10人以下という日もあるが、常連客が集うこだわりの空間だ。【尾崎稔裕】

 伊勢神宮外宮北の県道交差点の近くに店はある。1970年代の建設で昭和レトロな鉄筋コンクリート造り3…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文820文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. ザギトワ選手おとがめなし 無免許運転の捜査終了
  3. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  4. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  5. 元関脇の安美錦引退 関取最年長40歳 貴乃花から最後の金星

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです