メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄

琉球士族献上の金杯 江戸中期、京都と交流

 琉球王国の士族だった程順則(てい・じゅんそく)が江戸時代中期の1715年、京都の公家、近衛家熙(いえひろ)に献上した金泥が施された杯「孔林楷杯」が、陽明文庫(京都市)で確認された。沖縄県教育委員会が発表した。杯の存在は文献資料で把握されていたが、実物を確認したのは初めて。県教委は「琉球と京都の知識人の交流がうかがえる貴重な資料」としている。

 杯は縦約26センチ、横約21.5センチで、内側に金泥が施されている。「孔林」は中国・山東省曲阜にあ…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです