兵庫・伊丹

カラス大量死 陸鳥初、インフル集団感染

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カラスの大量死が確認された昆陽池公園=兵庫県伊丹市で2018年4月3日午後1時14分、本社ヘリから小出洋平撮影
カラスの大量死が確認された昆陽池公園=兵庫県伊丹市で2018年4月3日午後1時14分、本社ヘリから小出洋平撮影

 兵庫県伊丹市の昆陽(こや)池公園でカラスの大量死が続き、環境省は野生の陸鳥が鳥インフルエンザに集団感染して死んだ国内初の確認例として注視している。鳥インフルの流行期に入った昨秋以降、全国でウイルス検査をした死んだ野鳥の約7割を公園一帯のハシブトガラスが占め、これまでに100羽以上の死んだカラスを回収した。人への感染の恐れは少なく過度な心配は不要だが、異変の原因は特定されていない。

 環境省などによると、昆陽池公園で今シーズン初めて死んだカラスが見つかったのは3月1日。その後も続々と死骸が回収され、計38羽で高病原性ウイルス(H5N6型)が検出された。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1065文字)

あわせて読みたい

注目の特集