メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神奈川・大和市

「70歳代を高齢者と言わない都市」宣言

宣言をした大木哲市長=神奈川県大和市大和南1で2018年4月11日午前11時4分、長真一撮影

 神奈川県大和市の大木哲市長は11日、「70歳代を高齢者と言わない都市」を宣言した。一般的には65歳以上を高齢者としているが、大木市長は「70歳代の世代が生き生きと暮らし、人生100歳時代を迎える中、65歳以上を高齢者とする固定観念を変えていくことが必要だ」と説明している。

     大和市は2014年に「60歳代を高齢者と言わない都市」を宣言した。一方、日本老年学会や日本老年医学会が昨年、高齢者の定義を75歳以上とすることを提案。これを受け、今回の宣言を出した。大木市長は「自立した生活を送っている人たちが、将来に向かい現役として活躍してもらうため、市の認識を示した」と話している。【長真一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
    2. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
    3. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
    4. 神戸・中3自殺 「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表
    5. 拉致被害者 家族に安倍首相「米大統領が早期の帰国明言」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]