メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀県警

逃走の19歳巡査確保 交番で警官撃たれ死亡

警察官が撃たれた滋賀県警彦根署河瀬駅前交番=滋賀県彦根市で2018年4月11日午後10時23分、西村浩一撮影

 11日午後8時50分ごろ、滋賀県彦根市南川瀬町の県警彦根署河瀬駅前交番で、井本光(あきら)巡査部長(41)が後頭部と背中から血を流して倒れているのを彦根署員が発見した。市内の病院に搬送したが、死亡が確認され、体に銃で撃たれたような痕があった。同僚の男性巡査(19)の行方が一時分からなくなっていたが、12日午前1時35分ごろ、巡査の身柄を確保した。県警は巡査が井本巡査部長を撃った可能性が高いとみて、殺人の疑いで逮捕状を請求する方針を固めた。

 県警によると、井本巡査部長は椅子に座り、机に突っ伏した状態で、争った形跡はなかった。巡査部長の拳銃は弾が全て残っていた。11日午後8時15分ごろ、交番から南に約4キロの同県愛荘町目加田付近で「パトカーが交通事故を起こしている」と住民から110番通報があり、東近江署員が確認したところ、河瀬駅前交番の所属と判明。彦根署員が交番に向かうと、巡査部長が倒れていたという。パトカーは田んぼに突っ込み、無人だった。

 男性巡査は昨年4月に警察学校に入校。今年1月に彦根署地域課に配属され、井本巡査部長とともに河瀬駅前交番に所属していた。この日は2人で午前8時半から24時間勤務に入っていた。【成松秋穂、小西雄介】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  2. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  3. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
  4. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論
  5. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]