メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

日本ハム清宮、3打数無安打1三振

西武との2軍戦に5番・指名打者で出場し、空振り三振に倒れた日本ハム・清宮=共同

 腹膜炎のため調整が遅れていた日本ハムのドラフト1位新人、清宮幸太郎内野手は11日、復帰2試合目となる西武との2軍戦(埼玉・西武第2)に途中出場し、3打数無安打1三振に終わった。荒木監督は「まだまだ駄目。自分のスイングができていない。だが想定内」と語り、負傷のリスクなどを避けつつ実戦経験を積ませるとした。

     清宮は代打で出場した六回に空振り三振し、七回1死二塁の第2打席は1ボールから西武の右腕・豊田の手元で動く球にフォームを崩され左飛に倒れた。九回の第3打席も左飛。試合は延長戦の末に7-7で引き分けた。

     直球に差し込まれる場面もあったが、清宮は「打席での感覚は良くなっている。ちゃんとバットに当てたい」と話した。【谷口拓未】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
    2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    4. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
    5. はしか 新たに3人の女性の感染確認 愛知で8人目

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]