メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

漫画家・北見けんいちさん 「ハマちゃん」は友達 与論島は心の古里

「できるだけ汚く撮ってよ」と気取りがない=東京都新宿区で、西本勝撮影

 ロングランの連載漫画を生み出す仕事場の真ん中で、あるじはとっぷりと資料に埋もれてほほ笑んでいる。作画する「釣りバカ日誌」の入稿を終えたばかり。机の周りは図鑑などが山積みされている。単行本は99巻に達し、金字塔となる100巻は目の前。「連載を始めると長くなっちゃうんだ。こんなに続くとは思ってなかったよ」。人気漫画家は、自身が生み出す登場人物さながら親しみやすい。

 漫画の道を歩み始めたのは23歳。「おそ松くん」などヒット作を連発する赤塚不二夫さんに弟子入りした。…

この記事は有料記事です。

残り1486文字(全文1718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです