メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニシアターから

公開中「獄友」 「不幸」じゃない、冤罪被害者らは今 第七芸術劇場スタッフ・小坂誠さん(30)

作品に登場する冤罪被害者ら=(C)2017Kimoon Film 映画「獄友」プロジェクト

 第七芸術劇場で公開中の映画「獄友(ごくとも)」は冤罪(えんざい)を追い続けてきた金聖雄監督の冤罪作品3作目にして、集大成ともいえるドキュメンタリーです=写真は出演者。

 冤罪を訴えてきた男性5人が登場します。「布川事件」の桜井昌司さんと杉山卓男さん▽「足利事件」の菅家利和さん▽「狭山事件」の石川一雄さん▽「袴田事件」の袴田巌さん--。彼らは自分たちのことを「獄友」と呼び、冤罪被害という痛みを抱える者同士のつながりを築いています。

 殺人事件の冤罪被害という、国家の犯罪ともいえる内容を扱いながらも、被害者たちの関係や出所後の人生を…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文734文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
  3. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ
  4. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]