メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニシアターから

公開中「獄友」 「不幸」じゃない、冤罪被害者らは今 第七芸術劇場スタッフ・小坂誠さん(30)

作品に登場する冤罪被害者ら=(C)2017Kimoon Film 映画「獄友」プロジェクト

 第七芸術劇場で公開中の映画「獄友(ごくとも)」は冤罪(えんざい)を追い続けてきた金聖雄監督の冤罪作品3作目にして、集大成ともいえるドキュメンタリーです=写真は出演者。

 冤罪を訴えてきた男性5人が登場します。「布川事件」の桜井昌司さんと杉山卓男さん▽「足利事件」の菅家利和さん▽「狭山事件」の石川一雄さん▽「袴田事件」の袴田巌さん--。彼らは自分たちのことを「獄友」と呼び、冤罪被害という痛みを抱える者同士のつながりを築いています。

 殺人事件の冤罪被害という、国家の犯罪ともいえる内容を扱いながらも、被害者たちの関係や出所後の人生を…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文734文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
  2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです