メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニシアターから

公開中「獄友」 「不幸」じゃない、冤罪被害者らは今 第七芸術劇場スタッフ・小坂誠さん(30)

作品に登場する冤罪被害者ら=(C)2017Kimoon Film 映画「獄友」プロジェクト

 第七芸術劇場で公開中の映画「獄友(ごくとも)」は冤罪(えんざい)を追い続けてきた金聖雄監督の冤罪作品3作目にして、集大成ともいえるドキュメンタリーです=写真は出演者。

 冤罪を訴えてきた男性5人が登場します。「布川事件」の桜井昌司さんと杉山卓男さん▽「足利事件」の菅家利和さん▽「狭山事件」の石川一雄さん▽「袴田事件」の袴田巌さん--。彼らは自分たちのことを「獄友」と呼び、冤罪被害という痛みを抱える者同士のつながりを築いています。

 殺人事件の冤罪被害という、国家の犯罪ともいえる内容を扱いながらも、被害者たちの関係や出所後の人生を…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文734文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決
  5. 東名あおり事故 遺族「なぜあの場所に停車させたか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです