北九州グランフィルハーモニー管弦楽団

北九州初のプロオケ 若手中心、8月旗揚げ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北九州市を本拠地とする初のプロオーケストラ「北九州グランフィルハーモニー管弦楽団」が誕生する。九州では九州交響楽団(福岡市)に次いで2例目で、メンバーの多くが若手演奏家だ。13日に同市八幡東区の響ホールで“初練習”があり、15人がベートーベンの「運命」などの音合わせをした。【塩満温、比嘉洋】

 13日現在で20~30代を中心とする32人が入団予定。団長は小倉北区のフルート奏者、田室信哉さん(40)が務め、指揮者には世界的指揮者、カラヤンの元アシスタント、山…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

あわせて読みたい

注目の特集