メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

釧路の4人殺傷

2審も無期判決 高裁 /北海道

 釧路市の「イオンモール釧路昭和」で2016年6月、買い物客ら4人を死傷させたとして、殺人などの罪に問われた元新聞販売店従業員、松橋伸幸被告(35)=同市阿寒町=の控訴審判決で、札幌高裁(登石郁朗裁判長)は12日、無期懲役を言い渡した1審・釧路地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告の控訴を棄却した。

     判決理由で登石裁判長は「強固な殺意に基づく極めて危険性の高い犯行で、動機も死刑になりたいという理由で極めて身勝手である」と指摘。1審判決を量刑不当とする被告の訴えを退けた。

     控訴審で弁護側は、犯行動機には統合失調症の影響があり、被告が出所後、福祉支援を受け、更生に向けた社会復帰を望んでいることを理由に、有期刑を主張した。

     高裁判決によると、松橋被告は16年6月21日午後、店内で客や店員の女性4人を柳刃包丁で襲い、釧路市の戸沼雅子さん(当時68歳)の胸を刺して死亡させ、3人の顔や首を切りつけるなどして殺害しようとした。【真貝恒平】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 世界の雑記帳 英シャーロット王女が初登園、キャサリン妃撮影の写真を公開
    2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    3. 世界の雑記帳 英ジョージ王子が初登校、緊張の面持ちで教室へ
    4. 森友文書改ざん 佐川前理財局長を事情聴取 大阪地検
    5. 覚醒剤密輸 家族旅行装い、夫婦逮捕 神奈川県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]