メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農and食

クラーク記念国際高校北海道本校 アイスクリーム製造に挑戦 /北海道

 深川市納内(おさむない)町にある通信制のクラーク記念国際高校北海道本校(三浦雄一郎校長)では、ゼミ授業の一つとして「フードサイエンスゼミ」を開講。生徒たちが、主に地元食材を使った加工品製造に取り組んでいる。同ゼミを指導する山口敬二郎教諭は「将来的には、地元の農協などと連携して新たな特産品を開発し、地域活性化にもつなげたい」と意気込む。

 ゼミ授業は、全日制高校とほぼ同様に週5日登校する「全日型コース」に設置された選択科目。例年、おおむね継続的なテーマ別に五つのゼミが設けられ、学年に関係なく各10人程度の少人数で1年間学ぶ。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです