メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西武線沿線うどんラリー

名物「武蔵野うどん」PR 沿線の17店厳選 22日まで /埼玉

 西武鉄道は池袋線や新宿線など沿線のうどん店を巡ってもらう「西武線沿線うどんラリー2018」を開催している。22日まで。

     県内は小麦の栽培が盛んで、うどんの生産量は「うどん県」を掲げる香川県に次いで全国2位。肉汁につけるなどの「武蔵野うどん」が名物として知られる。これをPRしようと同社が企画。今年は、うどんの食べ歩きで知られるフードライターの井上こんさんがアドバイザーを務め、今年新たに9店を加えた17店を厳選した。

     小竹向原駅を除く西武線の各駅で配布するパンフレットに、加盟店でうどん(500円以上)を食べるとスタンプがもらえる。6店で集めると主要駅でオリジナル箸をプレゼント。さらに抽選でオリジナル丼が当たる。

     この企画を応援する「埼玉を日本一の『うどん県』にする会」の永谷晶久さん(36)は「武蔵野うどんは各店それぞれに特徴があるのでぜひ楽しんでほしい。他にも讃岐うどんや博多うどんなども楽しめるのが西武線の魅力です」と話す。

     加盟店など詳細は西武鉄道のサイト(https://www.seiburailway.jp/guide/event-campaign-info/campaign/udon/)。【錦織祐一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
    2. チリ 「121歳」の男性死亡
    3. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
    4. ももクロコンサート 2日間で3万人が熱狂 滋賀・東近江
    5. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]