メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナシ

白いじゅうたん、幸水の花 人工授粉、最盛期に 富山・呉羽 /富山

白い花のじゅうたんが一面に広がる呉羽梨畑=富山市吉作で、青山郁子撮影

 桜の季節が終わり、富山市呉羽地区では、特産・呉羽梨の主力品種「幸水」の花が満開を迎えている。呉羽山の西側斜面には白い花のじゅうたんが広がり、生産農家の人工授粉作業も最盛期を迎えた。

 幸水は呉羽梨の生産量の約6割を占める。今年は平年より約1週間早く、今週はじめから咲き始めたという。今週末ごろまで楽し…

この記事は有料記事です。

残り87文字(全文237文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 東証、一時1000円超安 新型コロナ感染拡大懸念で

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです