メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ショートメール

美しい国 /静岡

 「海外旅行で一番良かった国はどこ」と尋ねられたら、私は迷わず中東のシリアと答えている。今でこそ内戦で「危ない国」なのかもしれないが、数年前までは誰もが観光できる美しい国だった。

 シリアに行ったのは大学4年生だった2011年2月。ちょうど民主化運動「アラブの春」真っただ中の時期だったが、シリアは平和そのものだった。首都ダマスカスの市場は活気にあふれ、世界最古のモスク、ウマイヤド・モスク(715年完…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 赤ちゃんザル「エール」優勝 高崎山・選抜総選挙 大分

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. 名前は「けしモン」! 大分市消防局マスコット、20年越し命名

  5. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです