メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
MAINICHI芸術食堂

映画「娼年」 覚悟感じる熱演 /愛知

 正直ここまでやるとは思っていなかった。2014年に「愛の渦」や「海を感じる時」などの池松壮亮さんに目を見張り、昨年は「あゝ、荒野」での菅田将暉さんに度肝を抜かれた。そして、今年は松坂桃李さんが振り切っている。「彼女がその名を知らない鳥たち」で薄っぺらい男の下衆(げす)な性行為を見せつけ、新作映画「娼年」ではさまざまな女性たちとの肉体関係を惜しげもなく披露。俳優としての覚悟を感じる熱演だ。

 学生生活に退屈し、バーテンダーのアルバイトに明け暮れ無気力な毎日を送るリョウが、会員制のボーイズク…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文957文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  4. 桃田、西本、常山ら順当に2回戦へ 世界バドミントン開幕

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです