メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

須恵器

飛鳥、供膳具に使用 静岡・湖西古窯跡群産 奈文研、石神遺跡調査 /奈良

展示されている湖西古窯跡群産の須恵器=奈良県橿原市木之本町の奈良文化財研究所藤原宮跡資料室で、藤原弘撮影

 天武天皇が築いた飛鳥浄御原宮(きよみはらのみや)時代に官庁があったとみられる明日香村の石神遺跡で、静岡県の浜名湖西岸の湖西(こさい)古窯跡群産の須恵器が供膳具(食器)として使用されていたことが、奈良文化財研究所(奈文研)の調査で判明した。【藤原弘】

 湖西古窯跡群の須恵器は関東の集落などで多く出土しているが、飛鳥での供膳具としての使用が明らかになったのは初めて。調査をまとめた奈文研…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  4. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  5. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]