メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

須恵器

飛鳥、供膳具に使用 静岡・湖西古窯跡群産 奈文研、石神遺跡調査 /奈良

展示されている湖西古窯跡群産の須恵器=奈良県橿原市木之本町の奈良文化財研究所藤原宮跡資料室で、藤原弘撮影

 天武天皇が築いた飛鳥浄御原宮(きよみはらのみや)時代に官庁があったとみられる明日香村の石神遺跡で、静岡県の浜名湖西岸の湖西(こさい)古窯跡群産の須恵器が供膳具(食器)として使用されていたことが、奈良文化財研究所(奈文研)の調査で判明した。【藤原弘】

 湖西古窯跡群の須恵器は関東の集落などで多く出土しているが、飛鳥での供膳具としての使用が明らかになったのは初めて。調査をまとめた奈文研…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  4. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです