メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

避難所案内板

8言語で 多文化学習、片桐西小生が製作 大和郡山 /奈良

校門に掲げられた8カ国語の避難所案内板=奈良県大和郡山市の市立片桐西小で、熊谷仁志撮影

 大和郡山市小泉町の市立片桐西小(杉村千佳子校長、443人)の3年生が昨年度、多文化共生学習の一環で、8言語で避難所を示す独自の案内板を製作した。3カ所の校門に掲げられる。

 きっかけは当時、2年生68人(3学級)の中にフィリピン、ミャンマー、ベトナムにルーツを持つ子供がいたこと。2年の生活科で取り上げた多文化共生の学習の際、外国人の保護者がその国の歴史や文化を語り、食事を振る舞う場を設けた。児童は参観日に学習の成果を保護者らに披露した。

 その後、児童は校門に設置されている災害時の避難所の案内板に、タガログ語やミャンマー語、ベトナム語が…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです