メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立野ダム

建設反対の流域住民団体、模擬討論会 九地整が説明会せず苦肉の策 20日、県民交流館パレア /熊本

 熊本県の白川(しらかわ)上流に国土交通省九州地方整備局(九地整)が計画している立野(たての)ダム建設に反対する11の流域住民団体が共催して20日、熊本市中央区手取本町の県民交流館パレアで「立野ダムを考える模擬・住民討論集会」を開く。【福岡賢正】

 立野ダムをめぐっては、反対住民側がダム本体の最下部に設けられる縦横5メートルの三つの放流孔が流木や土石でふさがり洪水調節不能に陥る危険性があると指摘している。

 一方、九地整は本体上流に建設する流木や土石をせき止めるための「スリットダム」や、放流孔に設置する格…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文716文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 金正恩時代の北朝鮮 中/正男氏動向、監視強める
  3. 先端に16mの「鼻」 次世代新幹線「ALFA-X」の試験車公開 JR東
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです