個展

ダウン症の間さん初開催 古里の情景、鮮やか 都城で来月8日まで /宮崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 都城市の間保洋(はざまやすひろ)さん(41)の作品36点を集めた初の個展が、同市山田町の温泉施設「ゆぽっぽ」で12日始まった。間さんはダウン症で、心に浮かんだ古里の情景や体験、思い出をロマンあふれるタッチで表現している。5月8日まで。観賞無料。

 間さんは子どものころから絵に関心を持ち、本格的に描き始めたのは中学時代。赤や黄、青など明るくカラフルな色遣いが特徴で、メルヘンチックな洋…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

あわせて読みたい

注目の特集