メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中一村

奄美をパリで 一村の作品、海外初公開 繊細に自然描いた20点 /鹿児島

「ジャポニスム2018 日本の美意識」紹介展覧会

 鹿児島県の奄美大島に移住し、島の自然を描いた日本画家、田中一村(いっそん)(1908~77年)の作品が今夏、パリの展覧会で展示される。一村の作品が海外で公開されるのは初めて。田中一村記念美術館(同県奄美市)は「一村の作品がフランスの人の目にどのように映るか楽しみにしている」と話している。

 日仏友好160周年を記念して7月中旬から来年2月まで開かれる文化芸術イベント「ジャポニスム2018…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文428文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです