メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

この痛み、なぜ続く 強制不妊手術受けた76歳

手術を受けた当時のことを話す小島喜久夫さん=札幌市で2018年4月11日、貝塚太一撮影

 旧優生保護法(1948~96年)に基づく不妊手術を強制されたとして、国への損害賠償を求めて札幌地裁に提訴予定の札幌市の70代男性が、毎日新聞の取材に応じ、「言い出せずにいる人たちが声を上げるきっかけになれば」と実名での報道を望んだ。同法が手術対象とした精神疾患や障害はなかったと語り、「なぜ手術されないといけなかったのか」と問う。

 小島喜久夫さん(76)。強制手術をめぐる国賠訴訟の原告や提訴予定者のうち、実名で取材に応じたのは小…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文501文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
  3. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ
  4. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]