メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

この痛み、なぜ続く 強制不妊手術受けた76歳

手術を受けた当時のことを話す小島喜久夫さん=札幌市で2018年4月11日、貝塚太一撮影

 旧優生保護法(1948~96年)に基づく不妊手術を強制されたとして、国への損害賠償を求めて札幌地裁に提訴予定の札幌市の70代男性が、毎日新聞の取材に応じ、「言い出せずにいる人たちが声を上げるきっかけになれば」と実名での報道を望んだ。同法が手術対象とした精神疾患や障害はなかったと語り、「なぜ手術されないといけなかったのか」と問う。

     小島喜久夫さん(76)。強制手術をめぐる国賠訴訟の原告や提訴予定者のうち、実名で取材に応じたのは小島さんが初めて。

     生後すぐ養父母に預けられ、家族関係の悪化で生活が荒れた10代後半、精神科に強制入院。当時の病名「精神分裂病」を理由に手術を強いられたという。北海道では当時、トラブルや犯罪防止で精神疾患を理由に手術の必要性を訴えていた。

     だが、小島さんは「一度も診察されたことはなかった」と証言。妻も「夫に精神疾患はありません」と言い切る。今年1月、宮城の60代女性の提訴を知り、妻に手術を打ち明けた。「過去におたふく風邪を引いたから(子どもができない)と妻にウソをついていた。つらかった。生きているうちに国の謝罪を見届けたい」と語る。【安達恒太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS B’z松本孝弘の愛用ギター、SNS情報提供で無事発見 20年ぶり本人の元へ
    2. ことば 健康保険組合
    3. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    4. 人材派遣健保 解散検討 最大の48万人協会移行
    5. 全国のコープ 生協健保組合が解散検討 16万人

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]