メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

天空のリチウム争奪戦 中国、EV主役狙う

リチウムを生産する豊田通商の合弁工場にある人工湖。ここで約1年間かけて濃縮される=アルゼンチン北部フフイで2018年3月、清水憲司撮影

 中国が南米アンデスを舞台に、レアメタル(希少金属)の一つであるリチウムの権益確保をなりふり構わず進めている。電気自動車(EV)の蓄電池などに使われるリチウム。次世代産業の競争力を左右する闘いが熱を帯びるアンデスを歩いた。

 アンデス山中の高原に真っ青な湖が広がっていた。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスから飛行機で2時間、さらに車で4時間かけて着いたのが北部フフイ州にある日本とオーストラリアの合弁工場だ。ここでリチウムが生産されている。標高4000メートル。息をのむ美しさだが空気が薄く、頭がずきずきと痛んだ。

 アルゼンチンとチリ、ボリビアの国境地帯は「リチウム・トライアングル」と呼ばれ急速に開発が進む。豊田…

この記事は有料記事です。

残り2293文字(全文2600文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  3. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  4. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]