メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

化学兵器と米欧結束=西川恵

 <kin-gon>

 経済や地球温暖化問題で対立しても、重大な安全保障課題では結束する。2回にわたる化学兵器の攻撃に対する米欧の姿勢だ。英国の欧州連合(EU)からの離脱や、トランプ米政権の登場で足並みを乱していた先進民主主義国は、安全保障では「譲れない共通の一線がある」ことを示した。

 最初の化学兵器の攻撃は先月上旬、英国でロシア情報機関の元幹部とその娘が、神経剤「ノビチョク」で襲撃された事件。今月7日には、シリア政府軍がダマスカス近郊で反体制派に対し化学兵器によると見られる攻撃を行い、多数の市民が死傷した。

 英国の事件では、英政府は使われたのは旧ソ連が開発した兵器級の神経剤「ノビチョク」と発表。ロシアの関与を強く示唆し、ロシアの外交官23人を追放した。焦点は英国がEUの支持を得られるかだったが、離脱交渉の難航で、EUは一致した立場を打ち出せないだろうと見られた。

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文1007文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  2. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. ORICON NEWS 今泉佑唯が結婚&妊娠を発表 お相手は人気YouTuberのワタナベマホト

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです