連載

背信・森友文書

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざんの真相に迫ります。

連載一覧

背信・森友文書

政治の責任を問う 官僚の誇り揺らぎ 竹下亘・自民党総務会長

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
竹下亘・自民党総務会長=藤井達也撮影
竹下亘・自民党総務会長=藤井達也撮影

 --森友学園への国有地売却を巡って、財務省の文書改ざん、学園側への口裏合わせの要請が発覚した。

 ◆改ざんはあってはならない、ゆゆしき事態だ。口裏合わせに至っては論評のしようがないほどひどい。官僚は「公僕」だ。矜持(きょうじ)はどこに行ったのか。

 --政治家の指示や官僚の忖度(そんたく)はなかったか。

 ◆安倍晋三首相は(指示や働きかけを)絶対やっていないという自信があったから、「私や妻が払い下げに関係していれば、首相も議員も辞める」と言ったのだろう。(首相の妻)昭恵氏が関与していないことも、あらゆる人の答弁ではっきりした。結果として政権に迷惑をかけていることは事実だが、関与の有無は別問題。仮に官僚が忖度したとしても、口裏合わせとは拙劣だ。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文887文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集