メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背信・森友文書

政治の責任を問う 官僚の誇り揺らぎ 竹下亘・自民党総務会長

竹下亘・自民党総務会長=藤井達也撮影

 --森友学園への国有地売却を巡って、財務省の文書改ざん、学園側への口裏合わせの要請が発覚した。

 ◆改ざんはあってはならない、ゆゆしき事態だ。口裏合わせに至っては論評のしようがないほどひどい。官僚は「公僕」だ。矜持(きょうじ)はどこに行ったのか。

 --政治家の指示や官僚の忖度(そんたく)はなかったか。

 ◆安倍晋三首相は(指示や働きかけを)絶対やっていないという自信があったから、「私や妻が払い下げに関…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文887文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  2. リュウグウ あと100キロ 「コマ型」最新の画像公開
  3. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  4. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  5. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]