メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンボジア下院選

「対抗」不在 「強権」市民ひそやか 「自由な話できぬ」

ひっそりした救国党本部庁舎。屋根下の壁に描かれていた党のシンボルは白く塗りつぶされていた=プノンペン市内で2018年4月7日、西脇真一撮影

 【プノンペンで西脇真一】最大野党・救国党の解党で、対抗勢力不在のまま7月の下院総選挙が近づくカンボジア。欧米や党関係者は「民主主義の危機」だと批判するが、30年以上実権を握るフン・セン首相は意に介さない。一方、プノンペンにはカンボジア現代史の経験から、「政治を巡る混乱は避けるべきだ」と語る人もいた。

 4月のプノンペンとしては珍しく涼やかな風が吹いた8日朝、フン・セン首相がメコン川の中州の新興開発地…

この記事は有料記事です。

残り1501文字(全文1702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです