メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

北朝鮮体制転換、求めず ポンペオ新国務長官が表明

 【ワシントン高本耕太】米上院外交委員会は12日、トランプ大統領が国務長官に指名したポンペオ中央情報局(CIA)長官の承認公聴会を開いた。委員会に提出した声明でポンペオ氏は、北朝鮮の核問題を「最大の外交課題」と位置づけ、5月にも予定される米朝首脳会談について「大統領も私も真剣だ」と述べた。イラン核合意に関しては「見直しが可能か模索する」と表明した。

 ポンペオ氏は、対外強硬派で知られ、北朝鮮・イランに関しては軍事攻撃も用い政権転換する必要性を訴えて…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです