メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

政治家と官僚の相互けん制機能=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 「トランプは信じられないほどばかばかしいことを四六時中やっているんだ」。昨年春、コミー米連邦捜査局(FBI)長官が解任され、トランプ米大統領への弾劾が現実のものとなるのではないかという声が大きくなった頃に、ワシントンの法律専門家が吐き捨てた言葉だそうだ。弾劾の声は小さくなったが、大統領とロシアをめぐる疑惑の解明はモラー特別検察官の下で、追及が続いている。

 大統領選におけるロシアの関与疑惑報道にもかかわらず、保護貿易主義的な施策を打ち出すほか、米朝の首脳…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです