連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

政治家と官僚の相互けん制機能=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「トランプは信じられないほどばかばかしいことを四六時中やっているんだ」。昨年春、コミー米連邦捜査局(FBI)長官が解任され、トランプ米大統領への弾劾が現実のものとなるのではないかという声が大きくなった頃に、ワシントンの法律専門家が吐き捨てた言葉だそうだ。弾劾の声は小さくなったが、大統領とロシアをめぐる疑惑の解明はモラー特別検察官の下で、追及が続いている。

 大統領選におけるロシアの関与疑惑報道にもかかわらず、保護貿易主義的な施策を打ち出すほか、米朝の首脳会談の実現に向けた進展など、トランプ氏の行動は世界政治や経済を動かし続けている。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文715文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集