メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「鉄人」衣笠祥雄さん死去 広島で活躍 71歳
将棋

第76期名人戦 第1局 羽生、反撃決め先勝

 <大和証券>

     東京都文京区のホテル椿山荘東京で11日から指されていた第76期名人戦七番勝負第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)は12日午後8時22分、挑戦者の羽生善治竜王(47)が佐藤天彦(あまひこ)名人(30)を97手で破り、先勝した。残り時間は羽生36分、佐藤1分。第2局は19、20の両日、石川県小松市の辻のや花乃庄で指される。

     佐藤の得意戦法の横歩取りを羽生が受けて立ち、1日目から大乱戦となったが羽生が佐藤の猛攻をしのいだ。

     佐藤は、封じ手の3八歩から攻撃を継続して2枚目の馬を作った。羽生は43手目に6四歩と佐藤の薄い玉頭に狙いを付けて反撃を見せ、3八玉(47手目)と持ち駒を温存した際どい受けを見せた。4八銀(63手目)が頑強な受け。その後、両者の壮絶な寄せ合いとなったが、羽生が反撃を決め鮮やかに寄せ切った。【丸山進】


    第2日指し手

    [先]羽生       [後]佐藤

                (38)3八歩  54(封じ手)

    <39>同銀   42 (40)1二角  51

    <41>2六竜  19 (42)6七角成 31

    <43>6四歩  38 (44)2七歩  30

    <45>同銀   28 (46)6五桂   7

    <47>3八玉  26 (48)4九馬  97

    <49>同玉      (50)6七馬

    <51>5八桂  20 (52)5七桂成  4

    <53>6三歩成 10 (54)同玉

    <55>7五桂   3 (56)6二玉   4

    <57>6三歩   5 (58)5一玉

    <59>2四角   2 (60)3三歩   4

    <61>5七角   4 (62)同馬

    <63>4八銀  12 (64)5九金  46

    <65>同玉    1 (66)6八金

    <67>4九玉     (68)5八金

    <69>3九玉     (70)4八金

    <71>2八玉     (72)6一銀

    <73>6二歩成 30 (74)同金

    <75>6三歩     (76)7二金

    <77>8一飛   6 (78)7一桂   3

    <79>6二歩成    (80)同玉

    <81>6四桂     (82)6三歩   2

    <83>7二桂成 7  (84)同銀

    <85>8二飛成    (86)8一銀打

    <87>5一金  1  (88)同玉    3

    <89>7一竜  2  (90)6一桂

    <91>1八玉  3  (92)6二角   9

    <93>5二歩  3  (94)同玉

    <95>8一竜     (96)7五馬   3

    <97>7二竜

     まで羽生竜王の勝ち

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
    2. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
    3. セクハラ疑惑 財務次官の辞任承認 退職金の支払いは保留
    4. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ/空き家1000軒/果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]