メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「審査会はお墨付き与える場」 元委員「形骸化」を示唆 「強制不妊は誤った国策」

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの不妊手術が繰り返された問題で、70年代前半に三重県の優生保護審査会の委員を務めた元裁判官の泉山禎治弁護士(82)が12日までに取材に応じ、「審査会は医師の申請に基づく県からの提案にお墨付きを与える場で、紛糾したり提案が否決されたりした覚えはない」と証言した。国は53年に「審査は迅速性が必要だが形式的にならないよう注意すること」と通知していたが、実際はチェック機能を十分に果たさず形骸化していた可能性が浮上した。

 審査会の運営実態は不明な点が多く、委員経験者が実名で証言するのは極めて異例。泉山氏は「国策が誤って…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. デビュー51年目の前川清が初の野外フェス 若者殺到に「天国とはこういう場所なのか」(スポニチ)
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 箱根山、噴火警戒レベル2に引き上げ 気象庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです