金魚電話ボックス

姿消えた 著作権トラブルで 奈良・大和郡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水槽内の水を抜き、シートで覆った状態の金魚電話ボックス=奈良県大和郡山市の柳町商店街で2018年4月12日、数野智史撮影
水槽内の水を抜き、シートで覆った状態の金魚電話ボックス=奈良県大和郡山市の柳町商店街で2018年4月12日、数野智史撮影

 全国有数の金魚の産地、奈良県大和郡山市の柳町商店街で12日、人気を集めてきた「金魚電話ボックス」の展示が終わった。近く撤去される。著作権を巡るトラブルが原因で、観光客や地元住民は「残念」と口をそろえた。

 実物大の電話ボックスの中に水が満たされ、数十匹の金魚が悠々と泳ぐ様子を楽しめ、受話器からは気泡も出る。非日常的な光景がイン…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

あわせて読みたい

注目の特集